月別アーカイブ: 2013年5月

BeatMasterでリズム音痴を克服

自分のリズム感のなさを痛感する。例えばジャズピアノでは必須の左手の和音を入れるタイミング、見事に裏拍で決まったときには『Swingしたぜ』という達成感がある。しかし右手のアドリブフレーズに少しでも迷いが生じると、それに連動して左手が遅れる。そして気がついたら左手は食い倒れ人形のごとくダウンビートを刻んでいる。そして恐ろしいのは、本当にそれに『気がつく』のは録音した自分の演奏を後から聞いたときだということだ。つまり演奏中は『ノリノリ』の独りよがりな中年のおっさんが、いうなれば左手で一生懸命4拍を刻んでいるということになる。

これにはいくつかの原因が考えられる。これらをまとめると以下の3点にしぼられる。ちなみに実践は苦手な私だが分析は得意だと思っている。

1. 拍感が無い

1拍の長さを正確に意識していない。テンポ60ならば1拍は1秒云々。もちろんこのとおり正確に弾くわけではないが、リズムを崩すにしろ、根本にあるのは正確な拍感である。

2. 脳と指との連絡がうまくいっていない

まるで新入社員と上司のような関係で、こればかりはある程度のところであきらめるしかない。脳が感じた拍感を筋肉に伝え、正確なリズムで鍵盤を押すことは簡単ではない。

3. リズムをナメている

ジャズを長年聞いているから俺はアフリカンアメリカン由来のリズム感を身につけている、ということには残念ながらなりません。ボビーティモンズを10年間毎日聴こうが、意識しないかぎりリズム感は身に付きません。リズムはいわば学問の1つです。フィーリングに頼るのではなくフィジカルなトレーニングが必要です(と自分に説教する)。

というわけで最近お気に入りのアプリが

BeatMaster Professional Edition – Lexues Inc.

である。まず使いやすいこと、スコアがわかるため進歩がビジュアルで把握できるところが気に入っている。もちろんこれをやったからといってすぐに演奏力の向上に結びつくわけではないが、できなかったことが出来るようになったということには大きな意味があると思う。是非どうぞ!